Home » 開発者ブログ » MADOSMA ( Windows Phone 8.1 ) の画面をPCで表示してみる

MADOSMA ( Windows Phone 8.1 ) の画面をPCで表示してみる

エンジニアKです。

先日会社で購入したMADOSMA(Windows Phone 8.1)をどんどん弄って行きたいと思います!

今回はMADOSMAの画面をiPhoneやAndroidスマホなどと同じようにPC画面上に表示させてみます。

PCに専用のアプリをインストールする必要がありますが、安心(?)の Microsoft 純正アプリですのでさくっとインストールしてみましょう。

Windows Phone の画面出力アプリ

Windows Phone の画面出力アプリ

 

「ダウンロード」ボタンをクリックするとインストーラーのダウンロードが始まります。

ダウンロードが完了したらインストーラーを実行します。

ProjectMyScreenApp-install

 

表示されている内容を良く確認しながらどんどん「次へ」ボタンをクリックしていきましょう。

インストールが進むと追加のプログラムのインストールが求められました。

ProjectMyScreenApp-install-2

 

「はい(Y)」ボタンをクリックするとインストールが続行されてセットアップが完了しました。

ProjectMyScreenApp-install-3

 

デスクトップを確認すると「画面出力アプリ」というショートカットが作成されています。

ProjectMyScreenApp-icon

早速アプリを起動してみると…

ProjectMyScreenApp-run

いきなり画面が真っ黒になったと思ったらフルスクリーン状態で表示されてしまいました。

デスクトップも他のアプリも見えなくなってしまって不便なので「ESC」キーを押して全画面表示を解除しましょう。

ProjectMyScreenApp-run-2

メニューの「ヘルプ」→「コントロール」をクリックするとキーボードショートカットの操作方法が説明されているので確認しておきましょう。

ProjectMyScreenApp-run-3

 

それでは「画面出力アプリ」を起動したままPCとMADOSMAをUSBケーブルで接続してみます。

ケーブルを接続するとMADOSMAの画面上に何か表示されました。

画面出力を許可しますか?

「画面出力を許可しますか?」→ 「はい」をタップすると…出ました!

ProjectMyScreenApp-run-4
※フレームレートを表示しています

フレームレートもそこそこ出ていて、ほとんどラグを感じられないくらいのレスポンスで表示されています。

早速YouTubeで動画でも見てみようと思ったら…

ProjectMyScreenApp-run-5

Windows PhoneにはYouTubeアプリがありませんでした…

(Internet Explorerを使えば見れます!)